賃貸の良さ | 家造りのプロである三栄建築設計に家について相談しよう
戸建てのことなら専門の業者に依頼する

賃貸の良さ

どちらが得か比較してみる

一戸建てやマンションなどマイホームを購入することは働く人にとって目標の1つですが、マイホームと賃貸どちらが得なのかといったことはよく議論されます。賃貸物件に住み続けているといくら家賃を払ってもその不動産は自分のものにならないため損だとよくいわれています。しかしマイホームであっても住宅ローンを完済した後にもリフォームなどでお金が必要となります。また毎年固定資産税の支払いも必要であり、マンションであれば管理費や修繕積立金・駐車城代も払い続ける必要があります。またマイホームであれば転勤などで引越さなければならない場合、家を空けることになるため手放すわけにもいかず他人に貸すなど何かしらの方法を考える必要があります。

賃貸物件のメリットについて

賃貸物件であれば急な転勤などでも慌てることはありません。契約解約の連絡を管理会社に連絡し契約満了までに次の引越し先を探せば良いことになります。また転勤でなくても今住んでいるところが気に入らない場合や部屋に飽きた場合に別のところへ容易に引越すことができます。つまり引越しの煩わしさと費用をおしまなければ様々な家と地域に住むことが出来るのが賃貸物件のメリットです。但しマイホームはなんといってもローンを払い終えれば売却するなりその不動産を自分の自由に出来ることがメリットです。賃貸物件では契約終了し出ていく時に原状復帰が必要ですが、マイホームであれば部屋の模様替えも思うままに出来ますし建て替えも自由に可能です。